TEL
MAIL

Topics

YTC・PLUSのMEO対策サービス

飲食店や販売店などで顧客を獲得するためには、様々なwebマーケティングが必要です。
SEOやリスティング広告といったGoogle検索を意識したwebマーケティングは、すでに多くの企業で行われています。ところが近年、飲食店や販売店などを探す際、多くの人がGoogleマップを使用するようになりました。

Googleマップでは、通常のGoogle検索とは違うローカル検索というシステムが使用されており、検索場所の周りの店舗が表示されるようになっています。
ユーザーは表示されている店舗の中から来店する店舗を選択するため、通常のGoogle検索だけでなく、Googleマップのローカル検索に対するwebマーケティングも、飲食店や販売店などの店舗オーナーにとって、顧客獲得のために重要な施策となりつつあります。

そのような変化に伴い、注目されているMEO対策。
顧客獲得のために行うwebマーケティングに関して、SEOやリスティング広告といった用語はよく知られていますが、MEOがどのようなものなのか分からない、MEO対策が必要と言われても難しそうという店舗オーナーも多いのではないでしょうか。
今回は、MEOとは?MEOの必要性や具体的な方法やについて詳しく見ていきましょう。



 
◎MEO対策とは
Googleマップのローカル検索で店舗が表示される際、その上位に表示されるようにする対策がMEO対策です。
MEOは、正確にはマップエンジン最適化(Map Engine Optimization)のことを表します。

SEOは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、Googleのキーワード検索においてwebページを上位表示させるための対策なので、MEOとSEOを比べて考えると分かりやすいかもしれません。
MEOはまだSEOと比べると認知が穏やかで、webマーケティングの必要性を理解していても、まだMEO対策はしていない企業や店舗オーナーが多いようです。MEO対策をすることによって店舗を上位表示させることができれば、顧客獲得につながります。
とはいえ、検索場所から近い店舗が表示されるローカル検索で、表示順位を上げることはできるのでしょうか?



◎ローカル検索の仕組みとは

まずGoogleマップで使用されているローカル検索について知っておきましょう。
この仕組みを知っておくことで、MEO対策が可能になります。

ローカル検索で上位表示されるためには、3つのポイントが関係しています。
まず1つめには、距離が近いということがポイントとなり、ユーザーが指定した場所から距離が近いほど表示されやすくなる仕組みです。

2つめのポイントは、ユーザーが検索しているキーワードとの関連性が高いということです。
Googleマップで検索する人は、大抵「居酒屋 目黒」など、「業種名+地名」で検索しますが、そのような検索キーワードと関連性の度合いが高いほど表示されやすくなる仕組みとなっています。

3つめは知名度というポイントです。
有名店であるなどの知名度だけでなく、web媒体での情報も関係し、掲載されている記事が多いことなどが表示のポイントとなります。

このような3つのポイントを押さえておくなら、どのようにMEO対策することができるのか知ることができ、Googleマップ検索で店舗を上位表示させることが可能になります。





◎MEO対策のメリットデメリット

集客のために効果的といわれるMEO対策のメリットとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。
4つのメリットについて見てみましょう。

まず1つめは、売り上げにつながりやすいというメリットです。
Googleマップのユーザーは、これから行きたい店舗を探していることが多いです。Googleの調査では、ローカル検索をした人の約4割が、24時間以内に店舗訪問しているとの結果が出ているそうです。検索してから実際に店舗に行く人が多いということは、売上げにつながりやすいということになるので、MEO対策することは店舗にとって大きなメリットといえます。


2つめのメリットは、来店につながる情報を記載できるという点です。
すぐの来店につながらなかったとしても、Googleマップに店舗の情報を記載しておくことができるため、ユーザーはアクセスにつながる行動を取りやすくなります。
電話して知りたい情報を聞いたり、ホームページで店舗の様子を確認したりすることができ、今後の来店につながりやすくなるということも店舗にとってメリットとなるでしょう。


続いて3つめのメリットは、MEO対策の重要性がまだ知られておらずライバルが少ないという点です。
SEOやリスティング広告によるwebマーケティングをしている企業は多いと述べましたが、ライバルが多ければ成果を出すことも難しくなります。
しかしMEOの場合は、SEO対策ほど企業や店舗がMEO対策をしているわけではないので、いまのうちにMEO対策をはじめておくと成果も出しやすくなります。


4つめのメリットは、通常のGoogle検索でも表示され目に留まりやすくなるという点です。
Googleマップでの検索結果は、通常のGoogle検索にも一部表示されるようになっています。
表示される箇所はリスティング広告の下ですが、SEO対策をして上位表示されたwebページよりも上に表示されます。MEOを考えて施策することでGoogle検索でも表示されるようになれば、ユーザーの目に留まりやすくなり、必然的にアクセスも増えるでしょう。



一方でMEO対策のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は3つのデメリットについて見ていきましょう。

まず1つめは、短期間で成果を出すことが難しいというデメリットです。
MEO対策は、MEOの知識があれば店舗オーナー自身で行うことのできる施策です。とはいえ、短期間で成果を生み出すのは難しく、半年から1年と長期的に考えて施策しなければならないので、続けていくことが難しいと感じる店舗オーナーもいます。
効果的に成果を出すためには、MEOについて熟知しているプロにまかせるという選択肢もあります。実際に依頼する場合、リスティング広告などと比べてMEO対策サービスは費用が安い傾向にあるため、依頼しやすいサービスです。


デメリットの2つめは、Googleのガイドラインに沿わなければならないという点です。
Googleが提供しているプラットフォームを使用しているため、Googleのガイドラインを守る必要があります。ガイドラインを守らなかった場合、解決するまで表示されなかったりアカウントを停止されたりする可能性もあるため、注意が必要です。


3つめのデメリットは、ネガティブな口コミを書かれることがあるという点です。
Googleマップに店舗情報を掲載すると、ユーザーが自由に口コミを書くことができるようになります。良い口コミであれば店舗の評価につながりますが、ネガティブな口コミやクレームのような口コミを書かれてしまう場合もあります。そのような場合、ショックを受けたり集客に影響があるのではないかと不安になったりするかもしれません。
あらかじめ、そのようなことが実際に起こりえることを知っておきましょう。ネガティブな口コミがあったとしても、真摯に対応した返信をするなど、冷静に対応することによって逆に印象を良くすることも可能です。



◎MEO対策の方法とは

では、実際にMEO対策はどのようにできるのでしょうか?
具体的な方法をご紹介します。

まずMEOについて考える以前に、Googleマップで店舗が表示されるようにする必要があります。
そのために必要なのが、Googleマイビジネスへの登録です。

Googleマイビジネスとは、Googleマップ上で情報を表示できるようにするための、無料のツール。
登録することによって、ホームページがなくてもネットに情報を公開でき、写真やメニューなどの情報を載せられるので、とても便利なツールです。
Googleマイビジネスに登録している店舗のみが表示されるため、MEOを考える上で登録は必須となります。

Googleマイビジネスの登録ができたら、Googleマイビジネスの情報を充実させましょう。ローカル検索の仕組みで紹介した3つのポイント、関連性、距離、知名度を意識することでMEO対策が可能になります。
まず店舗の情報を充実させることで、ユーザーが検索したキーワードに関連する可能性が高くなります。そして正確な住所を記載することも重要です。その際、ホームページと表記を揃えておくことや常に最新の情報を記載しておくことも忘れないでおきましょう。

続いて知名度ですが、口コミ数や評価のスコア、ネットで取り上げられて話題になっていることなどが指標になるようです。
SNSを使って情報発信をしておくことも効果的になります。また、Google検索で上位表示されていることも指標になるようなので、ホームページの作成や更新をして、ユーザーに必要な情報を提示しSEO対策をすることも必要です。
その他、ユーザーの目に留まりやすいように写真を投稿しておくことや、口コミや評価を増やすこともMEOに効果的です。口コミを意図的に増やすことはできませんが、SNSなどで口コミをうながす投稿をしたり口コミにきちんと返信したりすることで、口コミを増やすように工夫することができます。

このように、Googleマイビジネスに登録することでGoogleマップに情報を表示させることは簡単にできます。
とはいえMEO対策は、上位表示させるためにMEOの細かい条件や仕組みを考えて施策しなければならないため、個人で行うのは大変かもしれません。
店舗運営の他にホームページの更新やSNSの投稿もし、その他のwebマーケティングをしている時間はなかなかないというのが現状ではないでしょうか。
またMEO対策の場合、MEOを考えればSEOは必要ないというわけでもなく、ホームページの充実度や検索順位、SNSの使用などとの相乗効果で効果が出やすくなるということもあります。
そのため、webマーケティング全体を考えて施策する必要もあるでしょう。本業に集中して、MEOのことはプロにまかせたいという場合、YTC・PLUSなどの代行業者に頼むことも可能です。


MEO対策を代行業者にまかせた場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
SEOやリスティング広告と比べて、費用が安いMEO対策サービスは、月に2.5~5万円ほどが相場になります。SEOの場合、最低30万円ほどする場合もあることを考えると、かなり安い費用でMEO対策が可能になると言えます。
YTC・PLUSではMEO対策サービスを行っており、Googleマップ検索で店舗が上位表示されるサポートをしています。YTC・PLUSは、MEO対策だけでなくホームページ制作や様々なwebマーケティングにおいての経験と知見があるため、全体を見て成果の出るMEO対策サービスが可能です。
またYTC・PLUSの担当者による訪問サポートも行っており、実際の店舗にお伺いし対面で話すことができるため、お客様が本当に必要とされているサポートを提供することもできます。



◎まとめ

Googleマップでの検索が主流になりつつあるため、MEO対策は顧客獲得のために重要なwebマーケティングとなっています。
Googleマップでユーザーの目に留まりやすくなれば、認知だけでなく実際の来店につながります。

MEO対策を始めている企業が少なく、上位表示を取りやすい今、始めておくことは店舗運営にとってプラスとなるでしょう。
これまで重要とされてきた、SEOやリスティング広告などのwebマーケティングよりも、安い費用で始められるMEO対策。店舗オーナーをしながらMEO対策までするのは難しい、時間がないという場合でも、プロに依頼してはじめることが可能です。
MEOの細かい仕組みから対策を考え、ホームページやSNSなど他のwebマーケティングとの相乗効果を考えることのできるプロにまかせることで、効果を最短で最大限に出すことが可能になります。

YTC・PLUSは、webマーケティングの幅広い知識や経験豊富なサポートスタッフによって成果につながるMEO対策のサポートをいたします。YTC・PLUSでは、お客様とのコミュニケーションを何より大切にしており、電話やメールのやりとりだけでなく、YTC・PLUSの担当者が訪問し、お客様に最適なサポートをできるようにしております。MEO対策サービスについて検討されているなら、お気軽にYTC・PLUSまでご相談ください。
 
YTC・PLUSのMEO対策サービス