ブログ

予約システムの導入で何が変わるか


ネット予約の必要性

ネット予約はできるようにした方がよいのでしょうか?

お客さんの中には、電話予約を好む人もいれば、ネットで予約したいという人もいます。
年配のお客さんだったら、ネット操作がめんどくさいので、電話を掛けた方が早いと思うかもしれません。
逆に、若いお客さんが多いなら、わざわざ人と話すのがわずらわしいのでネットの方がいいかもしれません。

お店と消費者とのコミュニケーションの仕方は、時代時代で、変化します。

重要なのは、あなたのお客さんの最も好む方法を提供してあげること、です。
 
◆電話で予約したい人
・常連なので話した方が早い。
・ネットを操作するのがめんどくさい。
・他に聞きたいことがある。

◆ネットで予約したい人
・わざわざ人と話すのがわずらわしい。
・営業時間外や話し中でつながりにくい。
・予約したい日時が空いているかわからない。
 
 

電話予約から「ネット予約」へのシフトが加速

インターネット経由の予約が増えてきている。
 
ネット予約自体は10年前でもできましたが、大手の飲食・美容店の検索サイトによると、ここ数年で、このサイトを通じてネット予約した人の数は、2倍以上に急増しているとのことです。背景には、スマートフォンの急速な普及があるといいます。
 
 
 

ネット予約が出来るお店は有利

電話には良い面もありますが、不満を持っていることはご存知ですか。
・営業時間に合わせて、電話をかけなくてはならない。
・忙しいのか電話がなかなかつながらない。
・聞かないと予約したい日時が空いているかわからない。
 
などのやり取りが面倒くさくなって、予約を躊躇することもあるそうです。

例えば、予算が同じで、評価が☆3つと☆1つの店があれば、迷わずに、 ☆ 3つの店を選びます。たとえ、一ヶ月まで予約が一杯でも、変わらず☆ 3つのお店に行きたいと思うでしょう。いつまでも待てます。
 
しかし、候補となる店の評価が両方とも☆ 1つだったらどうでしょう。
入りやすい方に入る、、、のが心理ではないでしょうか。
 
ちょっとした心理的障壁が大きな違いを生みます。
 
 

予約システム導入で集客力アップ

24時間、予約状況を確認し、予約を入れることができるのが予約システムです。
予約システムを導入すれば、時間帯を気にすることなく、予約の受付ができます。
スタッフにとっても、予約受付が自動化され、電話対応がなくなることにより、仕事に集中できる環境が整います。