システム開発

システム開発の流れ

弊社は、システム導入を通じて、お客様の業務改革を支援させていただきます。

01

ヒアリング(要件&業務フロー)、デモ

御社にお伺いして、現状の業務についてヒアリングさせていただきます。 パッケージ機能、導入事例などのデモンストレーションをしながらヒアリングを行い、 システム導入により業務がどのように改善できるかについての情報を収集させていただきます。

02

システム提案と見積もり

システムの提案とお見積りを提出します。新しいシステムを導入することで、どのように業務が改革できるか、主要画面や全体像をプレゼンテーションします。 内容、金額について同意できる場合は、契約となります。

03

アプリケーション開発

お客様の業務に合わせたアプリケーション開発を行います。 お客様と一緒に仕様を作成し、その仕様を元に、弊社側で開発に入ります。 実装後は、機能のテストや、運用テストを行っていただきます。

04

データ整備

顧客マスタや過去の業務データなどを、新しいシステムに適した形に整備します。 分散していたデータの一元化や、重複データの正規化、コード体系の整備などを行います。

05

本番稼働開始

システムを本番サーバーにセットアップし、初期データを投入します。

06

定着化

稼働直後は、新しいシステムや、新しい業務の進め方に、戸惑いがあるものです。 現場が、システムに慣れるまで、仕様の調整や、問合せ、トレーニングなど、支援させていただきます。

07

活用支援

システムは導入してからが、業務改革のスタートです。 現場の意見を反映し、システムを進化させていきます。