TEL
MAIL

サービス一覧

YTC・PLUSは、ホームページ作成以外にもソフトウェアの開発やパンフレットやチラシなどの紙もの等、様々なサービスを取り扱っております

SSL化リダイレクト代行サービス

SSL化リダイレクト代行サービス

 

このようなお問い合わせありませんか?

 

□ サイトを表示したら警告が出るんだけど!

□ 問い合わせなどの入力フォームしかhttps対応をしていない!

□ SEO対策をしているつもりなのになかなか順位が上がらない!

□ どうしたら良いか教えてください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

7月25日に「Google Chrome」のバージョン68が公開されました。

 

今回の新バージョンより、常時SSL(全ページHTTPS表示)でない場合、

「http://」サイトのアドレス欄に「保護されていません」の警告が表示されます。

 

Googleでは、ユーザーがインターネットを安全に利用できるように、

通信の傍受やなりすましを防止する有効な手段である常時SSL化を強く推奨しています。

 

そのため、今後もChromeの警告表示は強化されていきます。

 

=======================================================

▽Chrome警告表示スケジュール

 2017年10月  「Chrome62」入力機能を有するすべてのWebページに実装

★2018年 7月  「Chrome68」HTTP接続ページすべてに警告を表示開始

 2018年 9月予定「Chrome69」安全前提。httpsの「保護された通信」が非表示

 2018年10月予定「Chrome70」HTTPページの警告表示が赤の表示に強化

=======================================================

 

https://に非対応の場合、お客さまがWebサイトを訪問したときに、

不信感をあおるだけでなく、SEOにもマイナス要因です。

 

Googleは2014年に「httpのサイトよりhttpsのサイトを検索順位で優遇する」と

発表していますので、お客さまへの信用やWeb集客のためには、https://対応は必須となりました。

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ SSL化リダイレクト代行サービス(SSL証明書1年)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■料金

 

49,800円

内訳

SSLサーバ証明書(1年)

サーバー設定費(ウェブ・メールサーバー)

リダイレクト処理(http:// から https://へ)

 

(注1)税抜き料金です。 

(注2)更新時も同費用が発生致します。 

(注3)1ドメイン毎に証明書が必要です。

(注4)弊社サーバーの料金となります。

 

 

 

ご不明な点ございましたら、お気軽にご連絡ください。