TEL
MAIL

Topics

効果的なリスティング広告の運用はYTC・PLUSへ!

◎リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーがブラウザ上でキーワード検索をかけたときにキーワードに応じて検索結果に表示される広告のことで、検索連動型広告とも呼ばれています。

具体的には、検索エンジンの表示する検索結果ページの一番上や左右のサイドバー、一番下などに「広告」と書かれた小さな文字と共に表示されるコンテンツのリンクがリスティング広告になります。リスティング広告の目的は、企業の提供するサービスや製品に興味を持っている検索ユーザーを1人でも多く自社ホームページやランディングページに誘導するためです。



企業のサービスや製品に関心を持っている検索ユーザーは、積極的に情報を求めていることが多く、リスティング広告からホームページやランディングページへ流入し、内容が自分のニーズに合っていると、ユーザー登録やメルマガ登録、購入といったCV(コンバージョン)につながりやすい傾向にあります。

しかし、リスティング広告の存在や効果を知ってはいても、「難しそう」「勉強が必要そう」「予算が下りないから」と、リスティング広告に躊躇しているWeb担当者の方は多くいます。検索ユーザーが広告をタップやクリックするごとに費用が発生するリスティング広告は、手間だけでなく予算との兼ね合いからもハードルの高さを感じてしまうのは無理もありません。
リスティング広告やSEO対策はどちらも検索ユーザーへの露出を増やすという意味では効果が期待できる運用方法ですが、リスティング広告とSEO対策はメリットや目的が異なります。従って、リスティング広告とSEO対策のどちらかだけに注力すれば大丈夫、というものではなく、リスティング広告とSEO対策の両輪を効率的に運用することで双方の特性を生かし相乗効果を得られることが期待できます。

原点に立ち戻り、ホームページをどうして制作したのか、なぜ運用しているのかなど動機について考えてみると、アクセス数を上げ、顧客を獲得し、売り上げに繋げたいという具体的な目標があったはずです。ホームページの運用で活用するために今回はリスティング広告について詳しく見ていきましょう。




◎リスティング広告の種類

リスティング広告は大きく分けると2つあります。
ひとつは、Google広告で、もうひとつはYahoo!広告です。

はじめてリスティング広告を運用するWeb担当者は、最初にGoogleとYahoo!どちらのリスティング広告サービスを利用したらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

GoogleとYahoo!のリスティング広告にはいくつかの違いがあり、

Googleのリスティング広告はGoogleの検索結果のページやYouTube、提携先サイトに表示されます。

一方Yahoo!のリスティング広告は、Yahoo!JAPANの検索結果のページや、Yahoo!知恵袋といった、Yahoo!の提携先サイトに表示されます。

Googleのリスティング広告とYahoo!のリスティング広告は、ターゲットや表示形式などに違いがあるため、自社の売り出したいサービスや製品がGoogleとYahoo!どちらのリスティング広告を選べば有効に運用できるのかを調べることが大切です。


例えば年齢が40代50代で、パソコンを使用しているユーザーをターゲットにするときはYahoo!広告のほうが有効な場合があり、リスティング広告に文字数を多く掲載したい場合にはGoogleを選択することでリスティング広告の運用成果を最大限に発揮できる場合もあります。
自社のアピールしたい製品やサービスのターゲットを絞り込み、より効果的なリスティング広告媒体を選ぶことが重要です。




◎リスティング広告のメリット

具体的にリスティング広告を運用するメリットとは何でしょうか。

筆頭にあげられるリスティング広告のメリットは、見込みの高いユーザーにホームページやランディングページを見てもらうことができる、という点です。
新聞の折り込み広告やポスティングなど紙の広告媒体は、ターゲットを見極めて配布することが難しいといった課題がありました。一方でリスティング広告は、製品やサービスに興味を持ち知識や情報を求めて検索しているユーザーにピンポイントに届けることができるため、お問合せや試供品の申込など、CVにつながる可能性が高くなることが大きなメリットと言えるでしょう。

また、情報を届けたい人に露出できたかどうかを見極めるための、リーチを可視化できることもリスティング広告のポイントのひとつです。
どの程度の検索ユーザーがリスティング広告をクリックしたりお問合せに繋げたのかを可視化することは、紙媒体の広告では困難です。

それと掲載の速さもリスティング広告の特筆すべきメリットです。紙媒体のように印刷や配布といった手間のかかる手順を踏むことなく、リスティング広告に申し込みをして審査が通ればすぐにリスティング広告の運用を開始することが可能です。

他にもリスティング広告の掲載内容の設定や、リスティング広告の掲載開始/停止を、パソコンやスマホから手軽に操作できることもリスティング広告のメリットと言えるでしょう。




◎リスティング広告のデメリット

良いことが多いリスティング広告ですが、看過することのできないデメリットもあります。

まず、リスティング広告を運用して掲載するには、GoogleやYahoo!にリスティング広告掲載料金を支払う必要があるため、社内でリスティング広告運用のための予算を組む必要があります。

また、効果的にリスティング広告を運用するためには、リスティング広告掲載のタイトルや文章などを、検索ユーザーのニーズや季節など諸々の要素に合わせてこまめに変更しなければならず、リスティング広告運用は知識と手間が必要となります。

そのためWeb担当者に経験や知識があり、頻繁にリスティング広告のメンテナンスや運用を行えれば、効果の出やすいリスティング広告運用が可能ですが、現実にはWeb担当者は本業を兼任しているケースが多く、多くの工数をかけることは見込めないケースは多くあります。
費用と時間的な問題が重なり、継続的なリスティング広告の運用は結局のところ困難と考えられてしまうことがあるため、リスティング広告の運用を取り入れることのできない企業も多くあるのが現状です。




◎リスティング広告の運用で望める効果

それでは、リスティング広告を運用することで、どういった効果が期待できるのでしょうか。

リスティング広告をクリックする検索ユーザーは、検索したキーワードに関連する情報を求めているため、会員登録や商品の購入といった業績に直結する行動につながりやすいことは前述したとおりです。
ホームページを設置したのに、思うようにアクセス数が伸びないとお悩みのWeb担当者の方は、リスティング広告を適切に運用することで、アクセス数を上げる効果が期待できます。

特にECサイトにおいてのリスティング広告の運用は、効果が比較的短時間で出やすいと言われており、リスティング広告が掲載されるとすぐに集客につながる場合もあります。
広告の掲載までの期間が比較的短いというメリットと、見込みユーザーに情報を届けるための経費を抑えることのできる、費用対効果の高さはリスティング広告ならではの運用といえるでしょう。

新聞や雑誌の広告の流れは、デザイナーに依頼をして紙面広告を作成してもらい、印刷し配布をするため、ユーザーの手元に広告が届くまでには数週間という期間がかかる場合があります。リスティング広告は、検索ユーザーにタイムリーな情報を届けることができるため、よりCVにつながりやすいという効果が期待できます。

リスティング広告はユーザーがリスティング広告をクリックをしたときに費用が発生する仕組みになっていますが、リスティング広告費をあらかじめ設定することができるため、低予算から計画的にリスティング広告を運用することが可能です。
リスティング広告運用の効果を最大限に発揮させるためには、リスティング広告を適切に運用するだけでなく、検索ユーザーの役に立つようなしっかりと作りこまれたホームページやランディングページを用意することもリスティング広告運用の効果を高めるための大切な作業になるので、ホームページの管理も忘れずに行いましょう。

リスティング広告の有効性はわかっていても、社内でリスティング広告運用できるリソースが確保できない場合には、リスティング広告運用やホームページの管理をYTC・PLUSなどの広告運用代行業者へ依頼することも視野に入れておくとよいでしょう。
 


◎リスティング広告会社選びのポイント

リスティング広告運用を代行する業者は多くあるため、どのリスティング広告会社に、自社のホームページのリスティング広告運用を依頼すれば良いのかお悩みのWeb担当者の方も多いのではないでしょうか。

リスティング広告運用代行業者の選択は、業績という現実的な数字に直結するため慎重に行う必要があります。
リスティング広告運用会社に問い合わせをする前に、どのようなリスティング広告の運用を必要としているのか、何を目標に置いてリスティング広告運用をするのか、の2点を明確にしておくと、リスティング広告の運用代行がよりスムーズに進みます。

また、リスティング広告運用だけを行うという業者ではなく、ランディングページの改善案やSEO対策など、売り上げや業績につなげてくれる包括的な運用を提案してくれるようなリスティング広告運用会社を選ぶようにすると最終的に望ましい結果につながります。

それと、リスティング広告運用代行の料金について明確に提示してくれる業者を選びましょう。
後になって追加料金が発生する場合には、その金額についても最初の段階でハッキリさせておくとお互いに気持ちよい関係性を続けていくことができます。
YTC・PLUSでは、クライアントに担当者が定期的、または不定期にお伺いして直接コミュニケーションを取ることを大切にしています。




◎まとめ

ホームページの集客や売り上げアップには、リスティング広告運用とオーガニック検索ユーザーへのSEO対策の双方からのアプローチが効果的です。
リスティング広告運用は1度広告を出したら終わりではなく、最初のリスティング広告の結果を分析し次の戦略につなげていく継続的な運用が実を結びます。

リスティング広告運用が成功し、ホームページやランディングページへのアクセスが増加したとしても、内容が魅力的でないと、せっかくの見込みユーザーは再びホームページにアクセスすることは少ないでしょう。
効果的なリスティング広告運用とは、リスティング広告の運用だけにとどまらず、魅力的なコンテンツを携えたホームページの構築やワクワクするようなランディングページの制作といった包括的な対策と共に進めていくことが大切です。

企業の業績や売り上げのために、リスティング広告だけでなく、流入先のホームページ、ECサイトの改善案やアドバイスをしてくれるリスティング広告運用業者に委託をするのも1つの方法です。
YTC・PLUSはシステム開発からホームページ制作、リスティング広告運用まで包括的にサポートしている実績を多数持っています。リスティング広告からの電話を含めた効果測定、運用管理を全自動で最適化することができるため、管理の手間を最小限にしながら、最大限の成果を出すことが可能です。

YTC・PLUSでは、Web担当者の方とYTC・PLUSの担当者の間のコミュニケーションが何よりも大切だと思っており、定期的・不定期的に訪問しヒアリングをさせていただきます。
リスティング広告運用は100,000円/月(手数料20%)からスタートできます。お気軽にYTC・PLUSまでご相談ください。
効果的なリスティング広告の運用はYTC・PLUSへ!