ブログ

Windows進化の歴史 前篇


Windows OSの歴史を、ハンマーの進化でなぞった、
インターネットで話題になっているアートワークです。
参照元はこちら。
 
Windowsは紆余曲折を経て進化してきました。

すべてはここから始まった。
 
 

◇Windows1.0 (1985年リリース)

初めてのWindows OSです。Windows 1.0は、複数のウィンドウを画面にウィンドウを重ねて表示せずに、タイル状に表示していました。
 
 

◇Windows2.0 (1987年リリース)

ウィンドウの重ね合わせが可能となりました。640KB以上のメインメモリが利用できるようになり、実用性は高まりました。
 
 

◇Windows3.1 (1992年リリース)

操作感の改良やタスク管理、メモリ管理など、各種機能が網羅的に強化さました。
Windows 3.0とWindows 3.1は全世界で1億台、日本国内でも400万台が出荷され、
OSのデファクトスタンダードを確立しました。
 
 

◇Windows95 (1995年リリース)

ユーザーインターフェースを一新し、使いやすさを向上させました。
これまでのWindowsは、MS-DOSから起動しており、MS-DOSの一つのアプリケーションのような存在だった。それに対して、Windows95では、Windows自体がシステム全体を管理している。
 
別売の「Windows 95 Plus」を購入すると、マイクロソフト初のwebブラウザ「Internet Explorer 1.0」 をインストールすることが出来た。
 
 

◇Windows98 (1998年リリース)

Windows 95のマイナーチェンジ版である。
「Internet Explorer 4.0」が標準搭載される。