ブログ

青果仲卸システムの比較


各社ともにパッケージ製品を販売している。多数の中小ITベンダーもソフトを販売しているが、標準となるものはない。ここでは上場企業のパッケージを紹介しよう。
 

業務システム

青果仲卸業務の注文から、納品、請求、在庫管理までの一連の業務を担うシステムである。ピンポイントで、青果仲卸の業務にマッチするシステム少ない。
 
会社名 上場 ソフト名 業種
都築電気
東証2部
KitFit マルシェ
青果卸
イーサポートリンク
東証JQS
イーサポートリンクシステム
生鮮流通
大塚商会
東証1部
SMILE FOODMASTER
食品卸全般
内田洋行
東証1部
スーパーカクテルデュオFOODs
食品卸全般
アイル
東証JQG
アラジンオフィス for Foods
食品卸全般
 
 

Web受注システム

Web経由で注文の受付ができるシステムである。通常、EC-Cubeなどのパッケージを思い浮かべるが、業務用の販売では、勝手が少し異なる。
 
インフォマートは、全国約25万事業所が使用するBtoB注文の最大手である。イーサポートリンクも老舗で、イオンなど導入した実績を持つ。JEFエンジニアリングは2016年1月から新規参入したばかりのため、未知数である。
 
会社名 上場 ソフト名 業種
インフォマート 東証1部 BtoBプラットフォーム受発注 BtoB全般
イーサポートリンク 東証JQS 生鮮MDシステム 生鮮流通
JFEエンジニアリング
東証1部(*1)
らくうけーる 生鮮流通
*1 JFEホールディングスの100%子会社
 
引用)インフォマートのBtoBプラットフォーム受発注のサイトより
 

関連記事
青果仲卸システム導入で何が変わるか